二重になってぱっちり可愛い目|整形をする前に知りたい事

負担が少ない

ドクターと看護師

目が小さい人も、二重の整形をすることでぱっちりとした目元を手に入れることができます。その方法は埋没法と切開法が主流になるでしょう。また、これらの方法を使うとその場で目元の変化が分かるためとても人気があります。中でもナチュラルな仕上がりにする埋没法は二重施術の中で負担が少なくなります。施術時間はたったの10分程度なので、待ち合わせ時間に合わせて二重を手に入れられるでしょう。施術による腫れも少なく3.4日経てば普通にメイクができます。この辺は個人差がありますが切開法と違いダウンタイムが少なくなる点も選ばれる理由です。料金も10万円以内で収まるため、学生も気軽に受けられるでしょう。キャンペーンを使えば、一万円で二重の施術が受けられます。埋没法はメスではなく糸を使った施術になります。メリットは、患者への負担が少ないこと、また施術時間が短く計画が練りやすい事でしょうか。メスを入れないので瞼が大きく腫れることもなく、私生活を犠牲にする必要もありません。メスを使った美容整形だと元に戻すのがとても難しくなりますが、埋没法のような切らない美容整形だと万が一気に入らない時すぐ修正ができることが後押しになるでしょう。納得がいくまで二重の幅を変えられるのは埋没法の得意技だといえます。そんな埋没法も、メスを使わないので永久的に二重を手に入れることができません。ほぼ自然に二重から一重に戻ってしまうでしょう。完全に戻らないという保証もなく、長持ちしても2年程度です。その理由から、埋没法ではなく切開法で綺麗なラインにする人も近年増えています。これには糸を付ける時に眼球を傷つける恐れがあるからでしょう。しかし最近は、瞼の裏で糸を留めることがないので眼球を傷つける事はほぼありません。永久的ではない分、切開系にするか迷うところですが、いきなりメスを入れると後で修正ができなくなるのでお試しに埋没法から手を出した方が無難だといえます。

ナチュラルな二重になる埋没法をやった人は、施術中麻酔ありで痛みを感じなかったことや化粧がすごく楽になった事を綴っています。中には切開法と埋没法どちらにすべき悩む様子も伺え、結局周囲に整形した事を知られないために埋没法を選定しています。さらに、埋没法で二重にした結果アイメイクをする機会も減り自信をもって素肌で外を歩けるようになった人もいます。いくら手軽な方法でも二重の整形が初めてなら緊張や不安が押し寄せるものです。そのため、施術を受けた人の口コミは不安を解消し、施術への後押しになってくれるのです。また、実際に相談へ行くと担当医師が埋没法のメリットとデメリットを詳しく話してくれるので口コミでは物足りないと感じた時は美容外科へ足を運びましょう。